ドライブレコーダー

ドライブレコーダーって?


事故が起こってしまったときに、前方映像や音声、位置情報、ブレーキや方向指示器の操作などを記録してくれる車載カメラ装置のことです。

大まかには業務用と自家用の2種に分類されます。

 

【業務用】
タクシーなどの業務用の車両に取り付けることを目的としたレコーダーは、常時録画し、走行距離などを記録。

【自家用】
事故発生時の記録を主な目的とします。衝突や急ブレーキなどで車に衝撃が加わると、自動でその前後の映像や音声、自国などを記録してくれるのが特徴です。
記録する項目がわずかであるため、業務用よりも安価で購入が可能ですが、ピンからキリまで幅広い価格のレコーダーが存在します。
最近では、事故発生時のみの録画だけではなく、業務用と同様に常時録画するタイプの自家用レコーダーも増えつつあります。

ドライブレコーダー 導入のメリット

一番のメリットは、事故現場を記録することによって自己防衛ができる

事故は、誰も見ていない場所で起こることもあります。相手によっては自分が有利になるように嘘やデタラメをいう場面も多くあります。また、故意に車に衝突してきて、慰謝料を請求するような当たり屋も存在します。
そういった場面で、自身を守り、正しい主張をするためにはドライブレコーダーが必要不可欠です。

信号や周囲の状況、当て逃げされた際の相手の車の特徴なども記録することが出来るため、その映像を保険会社や警察へ提出し事後処理をスムーズに行うことが出来ます。事故の際、自身が不当な扱いを受けないためにも、事故の一部始終を記録できるドライブレコーダーは設置しておいた方が良いのです。

その他のメリットとしては、自身の運転を客観的に見ることで悪い運転特性を把握し、安全運転へ意識を向上させることが出来ます。常時録画するタイプのレコーダーならドライブ時の映像を思い出として残しておくこともできます。

企業でも業務車両へ装着する場合、運転手は録画されている意識を持つこととなり、危険運転の抑止効果にもなります。録画された映像を使用して、危険予測訓練や個別に運転指導にも利用できます。

取り扱い中のドライブレコーダー

HDR953GW

前方も車内も同時録画セパレートタイプの赤外線LED搭載のサブカメラで社内をしっかり記録。
無線LAN搭載でスマートフォンと連携可能。

詳しくはこちら

ZDR037

前後2カメラドライブレコーダー。
360°カメラ+リヤカメラ搭載。
 

詳しくはこちら

DC-DR412

Full HD高画質&駐車監視機能標準搭載。
高画質できれいな映像を走行中も駐車中も記録。
 

詳しくはこちら

花澤電装株式会社 本社 外観

お問い合わせ

花澤電装株式会社
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港221番地8
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土・日・祝・GW・お盆・年末年始

Tel.043-241-6565
Fax.043-241-2404